MENU

最近美容オイルってたくさん出てきていますよね?
女性の悩みを解決してくれるのはすごく嬉しい事だと思います。

 

今は女性だけじゃなく、男性も肌の手入れを気にしている方が多くて、男性が化粧水や乳液などつけているのも当たり前なのですよ。

 

今美容オイルで人気なのが、アルガンオイルというものです。

 

アルガンオイルの方が知名度は高いですが、それに負けないぐらいの効果を発揮する「マルラオイル」も人気になってきています。

 

名前が違うだけで効果は一緒なのか?
それとも違いはあるのか?
調査してみた結果を報告します。

 

□アルガンオイルについて

 

どういった肌の方に良いのか?
老化肌の方(40代以上)
乾燥肌(常に365日乾燥している)
敏感肌(合わないものを使うと、吹き出物など出来てしまう)
トラブル肌(ニキビができやすかったり)

 

こういった肌質の方に合っていると言われています。

 

主成分について
リノール酸やビタミンEやオレイン酸が含まれています。

 

香り自体はそこまでしませんが、オイルの香りがほのかにします。

 

 

酸化はしづらく作られているので1週間2週間では変わりありません。

 

このアルガンオイルは、南西部のモロッコにあるサハラ砂漠で生息している果実からとったオイルです。
アルガンツリーと言う果実です。

 

なかなかとる事ができない貴重なもので、アルガンオイル別名「万能オイル」と言われています。

 

抗酸化力は通常の4倍近くあり、老化防止にぴったり。
ベタベタ感もなく、使いやすいのが特徴です。

 

□マルラオイルについて

 

どういった肌の方に良いのか?

 

老化肌の方(40代以上)
乾燥肌(常に365日乾燥している)
アトピー(小さい頃からアトピーもちで、体中カサカサしている)
トラブル肌(ニキビができやすかったり)

 

主成分について
主成分に関しては、ビタミンEとオレイン酸は一緒なのですが、こちらはリレノン酸が入っています。

 

酸化はアルガンオイル同様しづらくできています。

 

マルラオイルは南アフリカのUVが非常に厳しい場所で育った木です。
これもちょっとしか収穫する事ができないので「最高峰オイル」と別名呼ばれています。

 

一番の近いは抗酸化力です。
アルガンオイルは通常の4倍でしたがマルラオイルは10倍以上なのです。

 

ベタつき感もなく使いやすいです。

 

アトピー持ちだと、合う合わないが激しいですよね?
合わないものを使うと一気に赤みが生じて痒くなってしまうケースもあります。

 

しかしマルラオイルはアトピー持ちでも問題なく使用できるので素晴らしいです。

 

筆者も小さい頃からアトピー持ちで、いろいろ使ってきましたが合わないものばかりでした。

 

でもマルラオイルに出会ってようやく自分に合うものを見つける事ができました。

 

差はそこまでないように感じますが、マルラオイルの方が若干上な気がしますよね?
抗酸化力が倍以上なので・・・。

 

若い頃は美容オイルを使う事もないでしょうし興味も少ないかと思います。
40代以上の方はぜひ使ってみてください。

 

気になるシワやシミが改善されやすくなります。
潤いも与えてくれるので、カサカサもなく化粧もやりやすくなりますよ。

 

どちらも貴重なオイルと言われているので、値段は高くなってしまいます。

 

安いものでも良いですが、安いものが良いとは限りません!
よく考えてどれを購入するか決めましょう。

 

その時にチェックしておいて欲しい事は「添加物の有無」「品質管理はどうか?」です。

このページの先頭へ